記事一覧

関東の民泊物件・レビュー星5率ランキングTOP5

[記事公開日]2017/11/07
[最終更新日]

Zensで管理している物件のデータを集計して、さまざまな観点からランキング形式で人気の特徴に迫ります。今回は関東地方の物件で、5つ星レビューを多くもらっている物件ランキングです。

Airbnbでレビューの要素に関わるのは以下の7つです。

総合評価: 泊まった全体の感想。
清潔さ: 清潔で片付いていると感じたかどうか。
正確さ: リスティングページの記述が現実をどの程度正確に反映していたか。
コスパ: 料金に釣り合う価値があると感じたかどうか。
コミュニケーション: 滞在前・滞在中の連絡がどの程度うまくいったか。
到着: チェックイン・入室はどの程度スムーズだったか。
立地: エリアの雰囲気。

(参考:Airbnb公式サイト

物件に関する内容から、ゲストとの連絡まで、要素はさまざまです。各物件のポイントの高い点やその理由もあわせて紹介したいと思います。

第5位:新大久保駅徒歩3分・45㎡

山手線新大久保駅から徒歩3分で、新宿駅にも歩いて向かうことが可能な物件。駅までのアクセスもそうですが、近くに飲食店やスーパーもあり使いやすい立地です。新大久保という土地柄もあり、韓国人からの利用者も多くアクセス面で高評価を得ています。

リビングの壁にはタイル張りが施されていたり、キッチンは水色と白をメインとしたデザインに統一されていて、インテリアの評価も高いです。正確性で高評価を得ているため、写真だけでなく実際に満足している人が多いことがわかります。他の評価もバランスよく高い評価を獲得しています。

第4位:浜松町駅徒歩6分・36㎡

山手線・東京モノレールの通る浜松町から5分ほどでアクセス可能で、各観光地はもちろん、空港にもアクセスがよく観光客にとって使いやすい物件です。アクセス面での評価は星5が90%を超えており、ゲストからの満足度の高さがあらわれています。

内装もリフォームされており、Airbnbに掲載されている写真からは清潔感と広さを感じられます。水周りの設備も3点独立でホテルのような内装になっており、写真でも目を引きます。浜松町という土地柄、家賃が高くなるためかコストパフォーマンスに関しては4つ星や3つ星がつくこともありますが、それ以外に関しては80%以上の5つ星を獲得しています。

第3位:下落合駅徒歩5分・100㎡

新宿まで電車で5分と、新宿までのアクセスはもちろん、1駅隣に山手線・東西線の通る高田馬場、反対側の隣駅には都営大江戸線が走る中井駅があり、どこへ出るにも不便しない物件。家の近くにはコンビニなどもあり便利です。

部屋は100㎡と広く、ファミリー層の利用が多いです。収納可能な布団も用意されており10人以上の宿泊が可能です。リビングは木を基調にしたアットホームな雰囲気で部屋も広々と使えるため、レビューではそういった部分への高評価のコメントが目立ちます。総合レビューも90%以上が星5をつけており満足度の高い物件です。

第2位:新逗子駅徒歩6分・93㎡

京急逗子線の終点、新逗子駅から徒歩6分の物件。都内へのアクセスはあまりよくないですが、代わりに逗子海岸へは徒歩10分圏内で、横須賀線の逗子駅まで歩くことで鎌倉や江ノ島までもすぐにアクセスができます。湘南を中心に旅行される方にとっては嬉しい物件です。

面積は93㎡と広く、家族で利用するにはぴったりです。3LDKで、リビングが広いため、全員でゆったりと過ごすことができます。他の部屋もおしゃれに内装が作られており、和を感じられる小物なども点在。ほとんどのレビューで90%以上の5つ星がついており、満足度の高い物件であることがわかります。

第1位:門前仲町駅徒歩2分・160㎡

都営大江戸線と東京メトロ東西線が通る門前仲町から歩いて5分圏内で、新宿近辺や六本木、銀座などはもちろん、他の物件では少し距離のある浅草などにも30分以内でアクセスすることができます。東京を中心に観光される方にとってはとても使いやすい場所です。

面積は160㎡もあり、今まで紹介した物件の中でも大きい部屋です。13人まで宿泊が可能です。リビングの壁紙にアクセントがあったり和室があったりして、予約時にも目を引きますし、実際に泊まっても楽しむことができます。レビューは総合で95%以上の5つ星を獲得、項目によっては星5のみのものもあります。

上位の物件から読み取れるポイント

ゲストの細かい対応に応えられているか

民泊と言うとカジュアルに聞こえるかもしれませんが、ゲストは家を利用するお客様にかわりはありません。そのため、ゲストの要望に対してなるべく早く応える必要があります。上記の物件はいずれもチェックインの対応や滞在前、滞在中の連絡について高評価を得ています。

ホームステイ型で物件を民泊用に運用するのであれば問題ないかもしれませんが、もし家主不在型で運用を行う場合、全ての対応を自分で行うよりも代行会社などに依頼する方が負担もなくなり効率的と言えるでしょう。

広いと感じられる部屋作りができているか

今回のランキングで上位の部屋は、100㎡前後ありそもそも広い部屋でしたが、4位と5位にある部屋も家具などを工夫して、3人または4人程度が泊まれる部屋でも広いと感じられるような工夫が施されています。

大阪編の記事でも紹介した「部屋が清潔がどうか」もそうですが、ゲストがまるで家にいるかのように快適に過ごせる部屋かどうかは、レビューに大きく関わってくるようです。

いかがでしたでしょうか?
民泊事業へ参入を考えている方、今民泊を運営されている方は参考にしてみてください。

関連記事一覧