記事一覧

大阪の民泊物件・売上高ランキングTOP5(2017年3月〜8月集計)

[記事公開日]2017/10/17
[最終更新日]

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行も決まり、Airbnbをはじめとして、ますます勢いを増す民泊事業。今ある空き物件を利用して参入を考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、Zensが管理している物件で、3ヶ月間(2017年6月〜8月)で売上が高かった物件をランキング形式で紹介します。どのような物件がゲストの方たちから支持されているのか参考にしてみてください。

第3位:中津駅徒歩3分・30㎡


市営地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩3分、大阪でも最大級の駅・梅田駅からも徒歩10分圏内と立地に恵まれています。駅から部屋までのアクセスはもちろんのこと、各観光地までのアクセスも抜群で、いろいろな場所を回りたいゲストにとっては魅力的な物件です。

物件自体は、元々築40年ほどの一般的なアパートでしたが、オーナー自らがリノベーションを行い写真のような内装になりました。デザイン性が高く耐久性に優れた塩ビタイルを床材に使用し、家具も白を基調としておりシンプルで落ち着いたインテリアになっています。

最大4名まで寝ることができる寝室は、壁が茄子色に塗られており、ダイニングとはまた違った世界を楽しむことができます。これだけのクオリティを持ちながら宿泊費があまりかからないコストパフォーマンスの良さもポイントのようです。

第2位:我孫子前駅徒歩4分・45㎡


通天閣から近い新今宮駅や大阪一の繁華街なんばや道頓堀のある難波駅を通る我孫子前駅からほど近いところにある物件です。他の、繁華街やターミナル駅にある物件と比べて空港からの距離が近い上、駅から物件までの距離も近く、観光地やターミナル駅へも電車を乗り換えることなくたどり着けるため、アクセス的に見ても人気のようです。

物件自体は、閑静な住宅街に位置する3LDKで、最大6人まで宿泊可能。家族連れのゲストに人気です。昔ながらの一軒家ですがリノベーションされており、雰囲気はそのままにきれいな部屋で快適に過ごすことができます。水まわりも清潔に保たれており、写真からもその様子がわかるのもポイントです。

第1位:心斎橋駅徒歩8分・20㎡


市営地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩3分、大阪でも最大級の駅・梅田駅からも徒歩10分圏内と立地に恵まれています。駅から部屋までのアクセスはもちろんのこと、各観光地までのアクセスも抜群で、いろいろな場所を回りたいゲストにとっては魅力的な物件です。

物件自体は、元々築40年ほどの一般的なアパートでしたが、オーナー自らがリノベーションを行い写真のような内装になりました。デザイン性が高く耐久性に優れた塩ビタイルを床材に使用し、家具も白を基調としておりシンプルで落ち着いたインテリアになっています。

最大4名まで寝ることができる寝室は、壁が茄子色に塗られており、ダイニングとはまた違った世界を楽しむことができます。これだけのクオリティを持ちながら宿泊費があまりかからないコストパフォーマンスの良さもポイントのようです。

上位の物件から読み取れるポイント

アクセスが良いかどうか

東京で売上高の高い物件は、元々1泊の宿泊費も高いかわりに広い物件や内装にこだわりが見られる物件が多かったのですが、大阪ではそのような物件がそのまま売上につながるとは限りません。

売上高で上位を記録している物件は、各観光地や主要駅までのアクセスが良い(20分以内)ところが多く、その条件をクリアできれば、部屋の大きさ自体はあまり関連性がないようです。

心を動かされるインテリア

インテリアに関しても、東京では「和」の要素を求める傾向が強いのですが、大阪では和の要素を強く求める傾向にはないようです。ですが、何かしらのコンセプトに基づいたインテリアは重要なようです。

民泊と言っても、旅行中に泊まる部屋にも何かしらの感動をゲストたちは期待しています。非日常感を味わえて、コンセプトに沿ったインテリアは重要なようです。

 

いかがでしたでしょうか?
民泊事業へ参入を考えている方、いま民泊を運営されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事一覧