記事一覧

大阪の民泊物件5つ星レビュー率ランキング・TOP3

[記事公開日]2017/10/17
[最終更新日]

Zensで管理している物件のデータを集計して、さまざまな観点からランキング形式で人気の特徴に迫ります。今回は大阪府内の物件で、レビューの5つ星を多くもらっている物件ランキングです。

Airbnbでレビューの要素に関わるのは以下の7つです。

総合評価: 泊まった全体の感想。
清潔さ: 清潔で片付いていると感じたかどうか。
正確さ: リスティングページの記述が現実をどの程度正確に反映していたか。
コスパ: 料金に釣り合う価値があると感じたかどうか。
コミュニケーション: 滞在前・滞在中の連絡がどの程度うまくいったか。
到着: チェックイン・入室はどの程度スムーズだったか。
立地: エリアの雰囲気。

(参考:Airbnb公式サイト

物件に関する内容から、ゲストとの連絡まで、要素はさまざまです。各物件のポイントの高い点やその理由もあわせて紹介したいと思います。

レビュー高評価率ランキングTOP3

第3位:中津駅徒歩3分・30㎡


市営地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩3分、大阪でも最大級の駅・梅田駅からも徒歩10分圏内と立地に恵まれています。部屋や観光地へのアクセスはもちろん、近くにコンビニなどもあり、アクセス面で非常に高い評価を得ています。

物件自体は、元々築40年ほどの一般的なアパートでしたが、オーナー自らがリノベーションを行い写真のような内装になりました。デザイン性が高く耐久性に優れた塩ビタイルを床材に使用し、家具も白を基調としておりシンプルで落ち着いたインテリアになっています。

最大4名まで寝ることができる寝室は、壁が茄子色に塗られており、ダイニングとはまた違った世界を楽しむことができます。これだけのクオリティを持ちながら1泊5000円もかからないコストパフォーマンスの良さも評価の理由の1つのようです。

第2位:JR難波駅徒歩7分・21㎡


JRの難波駅から徒歩7分の築浅物件。他路線の難波駅や、なんばの中心街、道頓堀にも徒歩で行ける場所にあります。難波駅は多くの路線が通っているため、他へのアクセスとしてもとても良いのですが、レビューの中には他の難波駅と勘違いしてしまい、アクセス面に低評価をつけた方もいるので、同じ名前の駅でも駅同士に距離がある場合は表記などに注意が必要です。

こちらも1Kで3名まで宿泊をすることが可能です。インテリアデザイナーによる内装コーディネートが施されており、シンプルでありながら快適に過ごすことができる部屋づくりになっています。清潔感もあり、内装に関してレビューでは高評価が並んでいます。

第1位:心斎橋駅徒歩8分・20㎡


市営地下鉄の御堂筋線と鶴見緑地線がある心斎橋駅と、市営地下鉄中央線が通る本町駅の間にある物件です。大阪の各地にも短時間でのアクセスが可能なだけではなく、アメリカ村や道頓堀には徒歩10分ほどで行くことができます。両駅から徒歩10分以内にたどり着くことができるうえ、中心地へも徒歩で行くことができるため、アクセス面でも高評価を得ています。

内装も専門業者が手掛けており、シンプルで清潔感があります。1Kで他の物件に比べると広さはありませんが、部屋の中で料理をするための設備やアメニティなども用意されており、快適に過ごすことが可能です。ベッドはソファになり、最大3名までの宿泊もできるため、恋人同士ではなく、友人同士でも使うことができるようになっています。

上位の物件から読み取れるポイント

値段以上の快適感を提供しているか

これら上位3物件に共通しているのは、その物件を利用して「値段以上の満足感をゲストが得ている」ということです。部屋を見たときに心が動くようなインテリアか、暮らすように泊まれるか、目的のポイントからのアクセスは良いか、などゲストによって特に重要視するポイントは様々です。

ですが、これらを統一して、「民泊でここに来れてよかった」という演出とサポート、値段設定が重要になることは間違いなさそうです。

部屋の清掃はゲストの一番シビアなポイント

レビューで5つ星率が高い部屋でも、人によってばらつきが見られるのが清潔さを評価する部分です。ゲストはホストが想像している以上に清掃が行き届いてるかどうかを見ています。清掃に関しては、個人で行うとそこに割かれる時間も大きく、全てのポイントを掃除できないこともあるため、清掃業者などに依頼をした方がよいでしょう。

下記の記事では、Airbnb上において高いレビューポイントを維持することが集客といかに深い繋がりがあるかについて説明しています。こちらも合わせてご覧ください。

Airbnbの集客戦略〜新規顧客とリピーターを増加させるには?

いかがでしたでしょうか?
民泊事業へ参入を考えている方、今民泊を運営されている方は参考にしてみてください。

関連記事一覧