記事一覧

最近、話題のバケーションレンタルとは?

[記事公開日]2019/09/25

「バケーションレンタル」って最近よく耳にしますが、
・転貸借とは何が違うの?
・物件を所有しているけどうまく運用するにはどうしたら良いのだろう?
と悩んでいませんか?

実は、バケーションレンタルは物件を所有している方にとって意外と身近なもので、当社におまかせいただければ物件の価値を最大限に生かして収益化をすることができます。

なぜなら、当社は一般的な運営だけではなく
「旅館業の取得」
「リノベーション、デザイン」
「コンテンツの作成」
と言ったバケーションレンタルに関わる全てを網羅したワントップサービスがあるからです。累計400件の実績があります。

この記事では、バケーションレンタルの運用とは? という基礎的な部分をご紹介します。

記事を読み終えると、バケーションレンタル運用を始めようとした時に、「いまできること」は何かわかるようになります。ぜひご覧ください。

バケーションレンタルとは


バケーションレンタルとは、民泊のように所有している物件の一棟もしくは一部分を宿泊場所としてゲストに提供することです。
ただの宿泊場所というだけではなく、「暮らすように旅をする」というコンセプトを元によりプライベートな空間であることが特徴の1つです。

転貸借契約と何が違うの?

転貸借(又貸し)は、借りたものをまた他の誰かに貸すことです。宅建業の範囲となります。
バケーションレンタルは旅館業法・国家戦略特区法・住宅宿泊事業法の3種類の範囲内になります。

Zens管理物件の特徴とは

当社が管理している物件の特徴をお伝えします。
当社は、「日本と世界の繋がりを増やす」ことを念頭に、バケーションレンタルに関わる様々なサービスを提供しています。

ワントップで任せることができる運営会社として、

  • Airbnb運営代行 累計400件
  • 内装コーディネート 150件
  • リノベーション 80件
  • 平均稼働率 90%以上

と言った実績残すことができています。(現在も更新中です!)

その中でも
・稼働率90%以上
・単価平均3万円以上の物件が10件近く
という実績。

大事な資産をお任せいただく上で、とても重要なところではないでしょうか。

当社が大事にしている高い稼働率をキープするのに必要な要素


高い稼働率をキープするのにゲストに対してどんな要素が必要なのでしょうか?

①何かあった時にホストと連絡がすぐ取れる
②部屋が想定どおり、もしくはそれ以上
③レビューである程度、実際の評価が見える
この3点が挙げられます。

どの項目も大事なポイントですね。

連絡の取りやすさは宿泊中だけでなく、宿泊前後の連絡も含めてです。
写真やリスティングページの表現で物件を紹介していくのですが、実際に物件を見て盛り下がるような誇張広告もよくないですよね。
当社ではこう行った実績に基づいたゲストに刺さるポイントを抑えながら、社員全員で物件について価値の最大化を目指しています。

最近、バケーションレンタルを利用しているのは海外観光者だけでなく、日本人も多くいらっしゃいます。様々な目的のゲストに対してどのようなサービスがができるか、一度当社にご相談ください。Zensではそうしたお悩みを持つホストの方からのご相談も受け付けております。
お気軽にご連絡ください。
https://www.zens.tokyo/contact

関連記事一覧