民泊にありがちなトラブルにも24時間365日対応!民泊新法にも対応可能な駆けつけサービスとは

民泊新法やそれに伴う条例が公表されたことにより、合法化が進む一方で民泊に求められる運営のハードルもあがっています。

民泊新法施行後に運営側に求められるコテャ多々ありますが、その中でも重要なのはゲストに対する対応です。自治体によっては、チェックイン時に対面の確認やゲストからの連絡へ規定時間内に対応する必要があります。

個人で民泊を運営して、ゲスト対応をはじめ条例の基準に応えるのは、ゲストハウスなどオーナーが同じ物件の中にいる場合を除けば実質困難です。そこで、自分だけでは物件の管理が難しい場合、各業務を運営代行業者に委託する必要が出てきます。

Zensでは、全ての業務の代行をしておりますが、ゲストに起きたトラブルの解決に関して他企業との提携を行い、よりクオリティの高いサポートを行うこととなりました。

今回はそのサービスの内容についてご紹介します。

業務提携により、より素早く、より確実なトラブル対応を

今回Zensは、民泊向けのホームアシスタンスサービスを開始した株式会社プライムアシスタンスと業務提携を行います。

ゲストから問い合わせを受けたZensのゲストサポートチームは、プライムアシスタンスに駆けつけ対応を依頼、大手損害保険会社のパートナーネットワークを活用した、駆けつけ対応を行います。

今回の提携により、24時間365日、ゲストからの

  • 鍵の開錠、破錠、シリンダー異物混入による除去
  • トイレ、台所、洗面所の水詰まり、パッキン交換、止水処置
  • ガスコンロ、給湯器の動作確認
  • ブレーカー復興作業、電球交換

といった幅の広いお問い合わせに対し、より素早く的確なサポートを行うことができます。

民泊においてゲスト対応は利益化の重要な鍵

民泊を運営する際に注意すべきポイントはゲスト対応以外にも多数あります。価格、立地、空間……、しかしその中でも、ゲストからのお問い合わせ対応は、条例に関わるだけでなくレビューにも直結するため、特に重要視される項目なのです。

Airbnbのレビュー項目の1つに「コミュニケーション」があります。この項目は滞在の前または滞在中にホストと連絡がスムーズに取れたかどうかによって決まります。コミュニケーションの項目はもちろんのこと、この対応によってコスパや総合評価にも影響が生じます。

宿泊後につけられたレビューの評価は、Airbnbの予約率にも影響があります。高水準のレビューを維持することで得られる「スーパーホスト」の称号は特に影響が大きいです。

「スーパーホスト」になることにより、自分の物件が高水準で安心な物件であることをゲストに示すことができるうえ、スーパーホストの物件に絞って予約を行うホストもいるため、直接的に稼働率のアップに繋がります。

レビューの数値をあげることも大切ですが、民泊の運営において第一はゲストに喜んでもらい、心地いい空間だと思ってもらえることです。そのために管理の最適化を行う必要があります。しかし、自分1人で管理しよううとすると莫大な労力を必要とするため、負担の大きい業務は信頼できる代行業者に任せることが重要でしょう。

プロに業務を依頼してよりクオリティの高い民泊を

民泊新法後は、クオリティの高い民泊の運用が求められるようになってきます。ゲストハウスのように運営する場合は別ですが、今後民泊事業を続ける予定の方は、清掃、予約管理、コミュニケーション、トラブル対応を行う民泊代行業者との提携が必須になってくるでしょう。

もちろん、そのためにコストはかかりますが、任せた分の時間を他の事業などに有効活用できること、クオリティの高い物件を維持することで稼働率があがることを考えれば、長期的に見て代行業者への委託はした方がメリットは大きいです。

各企業の運営実績などに注目して、一番信頼できる民泊代行業者に依頼し、自分の持つ物件や資産を観光客のよりよい体験に役立てるよう有効活用してみてはいかがでしょうか。