記事一覧

民泊最新事情

2020年のはじめに〜これからの不動産需要を展望する

日本国内の不動産マーケットの最大の関心事はと言うと、言うまでもなくオリンピック後のインバウンド需要がどこまで続くか、あるいは続きうるのかということに尽きるのではないでしょうか。 一方では、強気の概況を表明する専門家も多くその代表的な声は、 「世界の大都市で不動産相場が高騰しているのに比べると、東京の不動産相...

民泊最新事情

高い利回りを実現するための集客ツールとは?

zensが管理運営しているスマートレジデンシャルホテルは、ITテクノロジーを駆使して様々な効率化をはかり高い利回りを可能にする、旅館業の許可をとって運営しているホテルのことなのですが、 高い利回りを実現するための重要なポイントのひとつに「強い集客力」が挙げられます。 物件の状態や価格設定も相場から大きく外れ...

民泊最新事情

物件管理コストを軽減させるIoTシステムから見る民泊3.0

スマートキー・スマートロックについては以前詳しくご紹介をしています。 今回は、そうしたIoTシステムと呼称される新しいテクノロジーを活用することで、例えば不動産投資分野でどのようなイノベーションが生まれるか、そしてそれはどのようなメリットをもたらしうるかということを検証していきたいと考えます。さらに、民泊3...

民泊最新事情

民泊とスマートレジデンシャルホテルの違いを徹底解説!

「スマートレジデンシャルホテル」をご存知でしょうか? スマートレジデンシャルホテルとは、 「テクノロジーを駆使して様々な効率化をはかり高い利回りを可能にする、旅館業の許可をとって運営しているホテルのこと」を指します。 民泊は2018年に施工された住宅宿泊事業法が対象になりますが、 スマートレジデンシャルホテ...

民泊最新事情

「スマートレジデンシャルホテル」誕生〜ビジネスとしての民泊事業を語ろう第2回 

このシリーズでは、民泊事業をビジネスとして語るための基礎知識を図解を踏まえて解説していく考えです。 その過程でまた新しいビジネスチャンスが見いだせるかもしれないという考えもあります。 一方で、国内では随分「民泊」が不人気でもあるという現実を危惧もしています。民泊そのものが大きな誤解や「名誉回復」がされないま...

民泊最新事情

無人スマートホテルを実現する独自開発のアプリ「ZensTablet」をご紹介

都内で無人スマートホテルを運用していく上で、大事なポイントがあることはご存知でしょうか? 清掃の手配や正確な予約状況の把握、トラブル対応など様々なポイントがありますが、 その中でも特に大事なことの1つとして、 「ゲストとホストの双方のスムーズなチェックイン手続きができること」が挙げられます。 ゲストにとって...

民泊最新事情

ビジネスとしての民泊事業を語ろう:第1回

2018年6月の住宅宿泊事業法(通称:民泊新法)の施行以来、民泊事業は大きく変化をしました。当サイトは、その民泊新法の施行前に公開を始め、いったん民泊新法への準備のための情報発信という役割は終えていましたが、先月から新たな役割を得て、改めてサイト更新をはじめました。 大きなくくりで語れば、民泊市場の可能性を...

民泊最新事情

ゆるやかな起業の勃興と民泊トレンド

実は、最近は「起業」ブームなのだそうです。起業ブームと呼ばれる時期は日本でも何度もあって、そのはじまりは明治維新後の繊維や鉄鋼などを中心にした創業期。その次に来るのは、戦後の復興を伴う「第2の創業」、ホンダやソニーはこの時期に誕生しました。その後日本は高度経済成長を続けます。70年代に最初のベンチャーブーム...

民泊最新事情

民泊にありがちなトラブルにも24時間365日対応!民泊新法にも対応可能な駆けつけサービスとは

民泊新法やそれに伴う条例が公表されたことにより、合法化が進む一方で民泊に求められる運営のハードルもあがっています。 民泊新法施行後に運営側に求められるコテャ多々ありますが、その中でも重要なのはゲストに対する対応です。自治体によっては、チェックイン時に対面の確認やゲストからの連絡へ規定時間内に対応する必要があ...

民泊最新事情

これからの民泊に「体験」は必要不可欠?関東、関西に続き福岡でも「体験」サービスがスタート

2018年3月、Airbnbは自らのサイトにて「体験」のサービスを拡大させていく意向を示しました。 「体験」とは、宿泊先で現地の人からローカルな体験を提供してもらうことができるサービスです。Airbnbは旅に関する全てのことをワンストップで行えるよう、このサービスに注力していました。 「体験」がより充実する...